カレンダー
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
最新の投稿
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブス
GALLERY YUI
ギャラリーYUIホームページ
プロフィール
リンク
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2017.01.16 Monday
見惚れてしまう、ルソーのランプ。

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

ほーーーーーぴかぴか

 

きれい。素敵です拍手

 

 

<20世紀前半 フランス Gabriel Argy-Rousseau>

 

 

フランス アールデコ期ガラス作家

ガブリエル・アルジー・ルソー/Gabriel Argy-Rousseauの

テーブルランプです電球

 

 

作品ガラス下部に “ARGY RIUSSEAU” の陰刻銘有り

ランプ全体の高さは19.5僉

シェードのみ高さ17僉

 

 

シェードはパート・ド・ヴェール技法(ガラスの練り粉)、

下の土台は、アールデコらしくシンプルかつ力強いデザインの金属製、

支えている3点の足は、

お手製のお団子のように、

ほっこりと しっかりとした印象パー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート・ド・ヴェールとは、

ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するガラス工芸の技法の1つ。

工程をチェックしてみましょう見る

 

作品の原型となる塑像を粘土やワックス等で作る。

それをもとに形成された耐火性の鋳型に、

さまざまな色ガラスの練り粉を詰める。

そのまま窯の中で焼成。

冷めた後、鋳型から取り出し、研磨して仕上げ。

 

古代メソポタミア時代からのこの技法は、

素晴らしい作品が高級品として作られてたようですが

手間と作業の難しさゆえ、

文献や資料を残すことなく「幻の技法」となったようですパー

 

 

 

「電球つけず、そのままでは、こんなに渋い雰囲気。」

 

 

    

「中の電球つけました。ちょっとうまく撮れてませんが。」

 

 

 

「この魅惑的なカラーリング!」

 

 


「後ろから光を当ててみました。デザインがキレイ〜」

 

 

その「幻の技法」を職人仲間とともに試行錯誤し、復活させたルソー。

 

このガラスは、そのままの色、

自然光で透かせた色、

中から電球で透かせた色、

後ろから光を透かせた色、

見た印象のギャップがありすぎて、ドキドキさせられまするんるん

 

ルソーの表現力により、

こんなに素敵なランプができたのですねぴかぴか

 

本当に貴重な逸品ですグッド

 

 

 

GALLERY YUI 

 

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 15:56 | comments(0) | - |
2016.07.29 Friday
マニッシュな香水ボトル。

 

いかがでしょうぴかぴか 

 

1920-1930頃 ドイツ製の香水ボトルです。

素敵〜〜拍手

 

 

 

 

馬革で包まれたスッキリとしたボックス、

印象的な彫りが目を引くベークライトの内蓋、

フォルムが優しいシルエットのボトル、

かっこいいのに可愛い、香水ボトルセットですリボン

 

(ボトル内蓋にD.R.G.Mのサイン=ドイツ帝国使用意匠登録)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの香りトップ3と共に、

船旅にでも連れていってもらったのでしょうか。

 

もしかしたら、女性ではなく、男性用かも・・・。

いろいろ想像を掻き立てられますぴかぴか

 

 

YUI

 

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 14:00 | comments(0) | - |
2016.04.21 Thursday
ポピーに囲まれて。



すごい〜〜拍手
この時期、いたるところで見ますよね、ポピー。
ここまでの群生はあまり見たことないですが、
毎日通る緑道にもかわいらしく咲いています。


YUIにある、ポピーの作品はこちら。



Charles Korschann/シャルル・コルシャン
1900年頃 フランス ブロンズ花器
製造:LOUCHET FRERES






美しい花の精・・・



 

この造形。幅は40僂發△蠅泙ぴかぴか





この作品のシルエットときたら、素敵すぎます。
作家さんが奏でるポピーの世界観。
個人的にくすぐられるポイントは、つぼみの表現パー





花器の口に整列したつぼみぴかぴか




一番端の部分にも一輪のつぼみ。
なんだか、マニキュア塗ってるみたいです。

しばらく楽しめる本物のポピーの花同様、
YUIのポピー作品もぜひご覧くださいませ。

YUI 
| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 14:33 | comments(0) | - |
2016.03.08 Tuesday
影をも美しいシルバーコンポート。


美しいですよねぇ、このコンポートぴかぴか















以前も紹介しましたが、ピアシングが美しいこのシルバーコンポート
直径約30儷瓩ある大きさ、デザイン性、どれをとっても、
魅力的な作品です拍手

James Dixon & Sons  1915-1916
英 ロンドン シェフィールド
H9僉〃29


完璧なまでのデザインのポイントの一つとして、
この3本の獣足。





そして、照明の角度によってテーブルに落ちる影。
なんとも素敵ではないでしょうかパー





 この季節ならではの、フルーツでも乗せるとか、
色々な方法でテーブルを華やがせていただきたいですかわいい

春のフルーツ。。。

ポンカン
スィートスプリング
きんかん
はっさく
ざぼん
マーコットとか?

全部、みかん類です。。ね矢印上




現在のYUIのように、
そのまま立てて飾っても、とても素敵ですき
一度、ご覧くださいませ。


YUI 
 
| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 15:44 | comments(0) | - |
2014.03.17 Monday
無骨で美しいキャンドルスタンド。

ドーーーーーンとお店の中央で構えておりますグッド
 


1900年代フランスより、鋳鉄のキャンドルスタンドですパー
フランスの田舎の教会から出てきたものかと思われます。

現在、YUIの中央にて圧巻の存在感。
高さ64cm幅も79cmもあります。

これはこれは・・・。

「かっこいい!!!!拍手









イギリスでは真鍮ものが多いキャンドルスタンドも、
フランスの田舎のほうだと、
こういった鋳鉄のスタンドに出会えるようです。

トキンとした蝋立てにゾクゾクしたり、
無骨ながらも なめらかに手を広げてる姿に、感動したりの日々ですぴかぴか

YUI 
| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 14:44 | comments(0) | - |
2013.11.05 Tuesday
くるり・ひらりのキャンドルスタンド。
だんだん陽が短くなってきてるこの頃月

暗い中では、素敵なランプキャンドルなどで、
優しい明かりを灯したくなりますねぴかぴか

YUIにも、ご紹介したいものがたくさんございます。
今回は、この子を。。。


<キャンドルスタンド 1900年頃 英 H29cm>

真鍮製のキャンドルスタンドです。
女性らしい曲線かと思いきや、
直線的に伸びるフックも凛とした印象を受けますパー






足元の支えの部分は180°近く回転します。
ハンギングしたり、手で持ち歩くときには、
足元をくるりと回してもよいですねグッド



キャンドルホルダーには優しいフォルムのお皿が。。かわいい
ひらり、ひらり。



正面からは、スッキリとしています。




現在、YUIの中央にて展示中です。
ディナーやバータイムなどで、キャンドルを灯す出番待ちですね拍手

陽が落ちるのが早くなるこの時期、
少ーしだけロマンチックになるのは私だけではないはず。。
これからの季節を楽しむアイテムの一つに、いかがでしょうかぴかぴか



YUI 

「顔に似合わず、実はちょっとロマンチックだったりします猫2 
はい、顔に似合わず。。。
これからの季節は、なにかと楽しみですねぴかぴか

 
| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 16:23 | comments(0) | - |
2013.10.01 Tuesday
ギマールの鉄柵。

エクトール・ギマール (Hector_Guimard/1867-1942)の鉄柵です


<Hector_Guimard 仏 1903-1907 H100cm W54.5cm>

ギマールは、フランス、アールヌーヴォー期を代表する建築家。
数多くの建築物の設計を手掛けるとともに、
素晴らしい存在感を放つ「アイアンワーク」は
とてもとても評価が高いものでした



生き生きとした植物のレリーフ。



花ではなく、茎をイメージしたと言われるデザイン。



葉脈?茎脈?も素晴らしい。



限りなくシンメトリーに近い、アシンメトリー。



色気を感じるほど伸びやかなフォルム。



「別冊太陽 アールヌーヴォー・アールデコ」より。


ギマールといえば、想像するあのパリのメトロ入り口。

有機体を連想させるようであり、
植物自身が躍動的に伸びながら、おいでおいでしている様。
自然の本来のリズムを表すようなギマール独自の感性

さすがです。。

そして、素晴らしいです。。。

しかし当初は、いろいろな理由で建築物が取り壊されたとのこと。
この鉄柵は、パリ16区の建物からのものだそうです。

パリの時代の流れをどのように見てきたんでしょうね。
聞いてみたいものです


YUI 

 

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 15:46 | comments(0) | - |
2012.10.23 Tuesday
ロレックスダイヤモンドウォッチ。

すっかりらしくなりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、今日はロレックスダイヤモンドウォッチのご紹介です




キラキラ光り輝くダイヤモンドにほれぼれするデザイン。
なんとオリジナルのBOXつきのものもあります。 

ホワイトゴールドに贅沢に使われたダイヤモンド。。。
 女心をくすぐりますよね


ロレックスの歴史を少しご紹介します
1905年ハンス・ウィルスドルフが24歳の時に、
ロレックスの前身である
ウィルスドルフ&ディビス社を創設し、
ロンドンにて時計輸入を開始

そして、
1908年、ラ・ショードフォンでロレックスの商標登録を行い、
まず製作したのが女性用腕時計だそうです。。。

現在のロレックスの主流がメンズであることを考えると
結構意外ですよね。




こちらは1964年に製作された
ロレックスのダイヤモンドウォッチの広告です。

「本当に素敵です

当時は、一般の人ではとても手に届くものではなく、
本当に限られた人だけがもつことのできる時計でした。

今、このようなダイヤモンドの時計をロレックスが作ったとしたら、
きっとすごいお値段がつくことでしょう。。。

素晴らしく幸せな未来を
連れてきてくれそうな時計です


YUI aya 

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 16:33 | comments(0) | - |
2012.07.07 Saturday
秘密の箱


今日は七夕

引き裂かれた織姫と彦星が年に一度だけ逢える特別な日
 

白川公園にある名古屋市科学館のプラネタリウムも
いつも以上に賑わっているんでしょうか


 

YUIからはちょっとお散歩気分で行ける距離でもあります。
いつか賑わいが少し落ち着いた頃に訪れてみたいなと思いながら
素敵な天の川に思いを馳せつつ。。。


YUIに新しく入荷した【箱】に思いを馳せてみたいと思います。


 

おそらく1650年代ルネサンス期に使われていたものと推測されます。
全体に象嵌が施され、どっしりとした威厳すら感じさせます。
頑丈そうな鍵までも



いったいこの箱は何に使われていたのでしょう。

宝箱・・・?薬箱・・・?

それとも 

恋人たちの間で交された秘密の手紙を大切に保管する文箱?




いずれにしても、よほどの地位のある方が使用されていた箱。

秘密が詰まっていそうですね


YUI 花

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 12:55 | comments(0) | - |
2012.06.25 Monday
ロレックス カメレオン

 蒸し暑い日々が続きますが、
皆様お元気でしょうか?

今日は私の大好きなロレックス カメレオンのご紹介です



1950年代に生まれ、
多くのセレブリティに愛された時計。

「カメレオン」というネーミングは
変化自在という意味からきているそうです

ベルトで色を自由に変えられ、
アンティーク時計なのに
今もなお、ベルトはロレックスで購入することができます

オーソドックスなからこの夏流行のパステルカラーまで
11色ほどの色があります。

何をかくそう、
私が一番最初に買ったアンティーク時計でもあります

日本では、10年ほど前に
やまとなでしこ」というドラマで、松嶋奈々子さんがつけられ、
一時期、市場から消えたという伝説の時計です。

ベルトの色を変えるだけで、
カジュアルからフォーマルまで色々なシーンに対応してくれます



毎日時間に追われる日本の現代の女性たちも
是非、洋服を選ぶように時計のベルトを選び
ゆったりと時間をあわせお出かけする、
心と時間の余裕を持って頂きたいなと思います

さて、先日入荷したカメレオンですが、
今日お客様のところへ嫁いでいきます

カメレオンも、
ゴールド、シルバーとケースの色だけでなく
つるんとしたものから彫刻がはいったものまで
色々なものがあります

不思議なもので
毎回購入されるお客様の雰囲気に
ぴったりなものがご紹介でき嫁いでいきます。

アンティーク時計
一度手にしたらもう一生離れられません

大事にメンテナンスをし、次の世代へ。。。。
数々の思い出とともに歩んでいける大切な一品です

YUI  aya

| Gallery YUI (ギャラリーYUI) | その他の商品の話。 | 13:39 | comments(0) | - |